「特撮の神様と呼ばれた男」

私が書いた本のご紹介

「特撮の神様と呼ばれた男」

image000

鈴木和幸著

発行所 株式会社アートン

 

 

 「特撮の神様」と呼ばれる円谷英二は、戦前戦後を通じて多くの映画・テレビ作品に関わってきましたが、その人となりはなかなか紹介される機会がありませんでした。

 この本で は、円谷英二氏の人生を生誕から最後まで通算して描き、その波乱の人生をいろいろなエピソードを散りばめながら紹介するものです。これまで、円谷英二氏に 関してはその伝記となるものがあまり存在しませんでしたが、今回の書物はそういった中で英二氏の人生を基本において展開し、伝記といえる内容となっており ます。英二氏が影響を受けた師匠達、英二氏を支援した人々、若き日の決断など、後に特撮映画で名を成す英二氏の青年時代の苦闘や、特撮映画以前に英二氏が 関わった作品や戦時中の作品、あるいは戦後まもなくの時期の大変な苦労など、英二氏の様々な人生遍歴が書かれています。

 

 この本では円谷英二氏の68年の生涯を4つのパートに分けています。

第一部「英一の夢」円谷英二が本名の英一で1901年(明治34年)に生を受けてから上京、飛行機学校への入学、映画界入り、兵役、そして自宅から決死の覚悟で旅立っていく有様を描きます。1901年から22年までの時代です。

第二部「映画人・円谷英二の誕生」映画界へ戻り、必死の苦労で映画を学んでいく有様や、映画界の発展とともに英二の開発した技術や、映画界の遍歴、チャンバラ映画時代の活躍、特撮人になっていく様子、戦争映画の時代を描きます。1923年から45年までの人生です。

第三部「円谷特撮の本格開花」戦争が終わり、映画界の状況が変わってゆく中での挫折、貧しい時代の苦労、映画以外の発明、ゴジラの完成などを描きます。1945年から54年までの時代です。

第四部「夢の続き」特撮の大家として名を馳せた時代の活躍、円谷プロダクションの設立、テレビでの活躍、戦争映画の作成、英二の死を描きます。1955年から70年までの時代です。

 

 この本に当 たっては、多くの文献を参考にさせていただきましたが、それ以上に、円谷氏と関わった多くの方のインタビューが、重要な骨子となっています。円谷英二氏の 少年時代の逸話を本人から直接何度も聞いた円谷イヨ子氏、円谷英二氏と同年代で、無声映画時代を一緒に活躍した犬塚稔氏、戦時中から円谷氏と一緒に仕事を した鷺巣富雄氏、戦後まもなくの時期、円谷氏の苦しい映画時代を支えた有川貞昌氏、晩年に円谷氏に付いて、助監督として活躍した中野昭慶氏、円谷氏の三男 で、現株式会社円谷映像社長の円谷あきら氏といった皆様に、貴重なお話をおうかがいさせていただきました。また、須賀川市にある円谷家の現・当主である円 谷誠氏には、英二氏の貴重な手紙を数多く拝読させていただきました。戦前、戦時中の作品や、数多くの絶版の書物なども参考にいたしました。この様な資料を もとに書かれたのがこの本です。

 一般に怪獣 映画の専門家という捉え方をされることが多い円谷英二氏ですが、実は日本映画界の歩みに深く携わり、無声映画の時代から、数々の発案や発明技術によって映 画界を支えました。この本を読めば、円谷氏がどの様にして特撮の道を志したのか、よくわかっていただけると思います。

 

 

主な内容

  • 少年時代の故郷・須賀川
  • 師匠・枝正義郎と天然色活動写真株式会社について
  • 実の父親、勇の仕打ち
  • 初めての作品「哀の曲」の内容
  • 英一から英二に改名するいきさつ
  • 故郷でのいじめ
  • 青年期の重大決心
  • サイレント期の映画会社遍歴
  • 円谷英二、逮捕される!
  • ナチス・ドイツと円谷英二
  • 英二、故郷の空を飛ぶ
  • 特撮映画の開発
  • 東宝争議と英二
  • 英二が描いていた大ダコ映画の真相
  • 孫の誕生によって生まれた子供への愛情
  • 故郷との交流
  • マグマ大使に肩入れ?
  • 封切られた映画を撮り直す!

 

面白いお話がたくさん出てきます。ぜひご覧下さい。