1. TOP
  2. プライバシーポリシー・約款

プライバシーポリシー・約款

クリーニングご利用の約款

第一条 (適用)
この約款は、弊社をご利用いただくすべてのお客様に適用されます。
第二条 (資格)
弊社を安心、円滑にご利用いただくため、弊社のお客様は常時何らかの方法で連絡が取れる方、約款に従ってご利用いただける方とさせていただきます。
第三条 (利用方法とお断り)
  • 弊社はすべて前金制となっております。後払いでのご利用は原則お断り致します。
  • ご利用される前にポケットの点検をお忘れなくお願い致します。受付後、こちらの検品で有用性があると判断したものをお返しします。当方判断による廃棄、返品による責には応じられません。
  • 衣料品の小さな穴、ほころび、キズなどは、クリーニング中に広がることがありますので、点検してからお出し下さい。受付後、こちらの検品で預かり品に不備がある場合は当方判断により、ご連絡またはお返しすることがあります。
  • 衣料品にシミがついた場合には、出来るだけ早くお持ち下さい。シミは処置が早ければよりよく落ちる傾向があります。弊社はそれを落とすべく最善の努力を致しますので、シミの種類や付けた日、経過時間等がわかれば教えて下さい。
  • シミの種類によっては酸化して落ちにくくなったもの、クリーニング工程中に浮きでてくるもの、変色するものなどがございます。
  • シミは付いてから早く処理すれば落ちやすく、時間経過により落ちにくくなります。これ以上シミ抜きすると生地の色が抜ける、生地にキズが付いてしまう恐れがある場合はシミが取れなくてもお返しすることがあります。
  • もし、シミが落ちていない等、仕上がり品に関するお申し出があった場合、保証期間内であれば再洗い、再シミ抜きに応じます。しかし、出来るだけの努力は致しますが、すべてのシミが落ちるわけではないことをご了承下さい。
  • 飾りボタンや装飾品は外してからご依頼下さい。これらには洗えないものが多くあります。衣類に付いている品質表示とは関連のないものが数多くあります。よってこれらの紛失、欠損は補償外となります。
  • 商品の劣化、破れ、汚れ等がひどい品物に関しましては、お預かりできない場合がございます。
  • 商品受付時には、店員との受領点数確認を必ず行って下さい。お渡し後の点数相違のお申し出はお受け出来ません。
  • 預かり伝票は必ずなくさないで下さい。預かり伝票がない場合、品物をお返し出来ない場合があります。
  • 仕上品はできるだけ早くお引取り下さい。持込み後一年を経過した品の責任は負いかねます。
  • 品物をお引取り後、製品に付いているタグは、必ず検品した後に外して下さい。お客様の商品はすべてタグで管理しております。タグ取り外し後、または故意に付け直す等の不正が発覚した後のお問い合わせはお受けできません。また、その他のハンガー等に付いているタグには効力はありません。
  • クリーニング生活衛生同業組合の定めるクリーニング業標準約款により、お引取りから半年を経過後の品に関しては、苦情等のお引き受けはできません。
  • 古い品を新品にする、大昔のシミを落とす等、現実不可能な要求、価格以上の要求をするなど、横暴な要望にはお応え出来ません。
  • 大声をあげたり、店員・従業員を威嚇したり、店員や他のお客様に迷惑や恐怖感を与えられたととられる行為があった場合、警察や担当機関に通報する場合があります。また、その後一切の取引を停止させていただきます。
  • 営業時間外の商品のお預かり、お渡し、その他対応には応じられませんのでご了承下さい。
第四条 (賠償制度)
お客様からお預かりした品について、弊社の過失によって着用ができなくなった場合、厚生労働省が許可するクリーニング生活衛生同業組合が定めるクリーニング事故賠償基準に基づいて対応させていただきます。弊社は誠意を持って対応させていただきますが、責任の所在が不明な場合、その証明はお客様の側にあることをご承知下さい。
第五条 (クリーニング事故の責任所在)
クリーニング事故については、その原因の所在が三つに大別されます。
  • クリーニング業者 クリーニング方法および取り扱いに過失がある場合
  • 製造者(アパレル、メーカー)に責任がある場合
  • 使用者(お客様)の使用方法、保管方法に過失がある場合
第六条 (賠償範囲)
第五条における「ア」の場合、すなわちクリーニングの洗浄、シミ抜き工程、プレス、仕上げ等の損傷と、品物の行方不明、紛失につきましては、弊社が事故賠償の責を応じます。
(賠償対象外)
第七条  第五条における、「イ」、「ウ」の場合につきましては賠償の責に応じかねます。
イ 製造者(アパレル、メーカー)に責任がある場合
劣化、変化の著しい素材で製造された製品(ポリウレタン等)
染色堅牢度の弱い製品(色落ち、色泣きなど)
接着方法に問題のある製品、接着剤などを使用している製品
熱セット性の弱い生地で製造されている製品(プリーツ加工、シワ加工)
組成表示や洗濯表示に誤記が見られる製品
経済産業省が定める報じ責任者の名称と連絡先の表示がない製品
その他、規格、製造等に起因する事項
ウ 使用者(お客様)の使用方法、保管方法に過失がある場合
使用者が製品に薬品をかけ、変退色や脱色が見られる場合(整髪料、パーマ液、漂白剤、バッテリー液、排気ガス、アミノ酸飲料など)
日光、照明、汗による変退色、脱色
着用時などに発生した破れ、ほつれ、ほころび、糸引きなど
ボタンの欠落および破損
保管中の損傷
経時劣化
使用者が故意に変化させた品
その他これらに類する使用者による事故
第八条 (賠償責任)
第六条に基づく賠償条件としては以下の通りです。
  • 弊社の過失が「ア」の条件を満たすこと。
  • 弊社の過失が公平な第三者によって認められた場合。
  • 弊社が過失を認めた場合。
  • 当該製品を弊社が預かった確証がある場合。
  • 引渡し後6ヵ月以内の商品であること。
第九条 (約款内容の変更)
当約款は、会員に事前の通知をすることなく、本約款の内容または名称を変更することがあります。この場合の利用条件は、商品お預かり時点の会員約款によります。約款内容変更にあたって、会員にその旨を広く周知するべく努力致します。
第十条 (協議事項)
本約款に記載なき事項及び本約款の事項及び条項の解釈につき疑問を生じた条項について、お客様と弊社の二者間において問題解決が難しい場合については、中立公平な第三者機関に仲裁を申し出る場合があります。
第十一条 (約款に対する考え方)
この約款は弊社が悪質なクレーマーや金銭目的の詐欺行為から弊社を防衛する目的で作成されております。クリーニングは業者とお客様の信頼関係によって成り立つ仕事です。最初から金銭目的等で来店するクレーマーに関しましては、信頼関係は成り立ちません。いつもお客様はこの限りではありませんので、どうぞ安心してご利用いただけますよう、お願い致します。サービス向上のため、ご質問、ご意見、ご要望もお待ちしております。
2009年12月1日 株式会社セルクル